スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
エドワード時代の床の修理

Living.jpg

家の床は、エドワード時代からのオリジナルフロアボード一枚だけの床です(=床の下は地面)。お洒落なインテリア雑誌を見ると、この手のアンティークな剥き出しの床がお洒落に紹介されてたりして、私はこの床に一目ぼれしてこの家を買ったと言っても言いすぎじゃないくらい、この床が大好きなんです。でも困った事に100年以上も前に建てられた家。フロアボード一枚一枚の間には大きな隙間があいていて、冬は床下からすきま風が入ってきて・・・めちゃくちゃ寒かったんですぅ。寒いだけじゃなくて、床の隙間からネックレスが落ちてしまって、主人がくぎ抜き使ってフロアボードを外さなきゃいけない・・・なんてこともあったんです。

お気に入りの床も、冬場ずっと寒いんじゃたまらないので何度もフローリング敷こうかなんて話したりしてたんですが、ある日主人がひらめいたんです。

スポンサーサイト
スレッドテーマ [ ライフ … 雑貨・インテリアの紹介 ]
03/08 10:43 | 手作り&DIY | CM:7 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 mei All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。